幼稚園

幼稚園の2年保育と3年保育の違いは何?選ぶ基準はコレ!

この記事では、幼稚園の2年保育と3年保育の違いを、それぞれのメリット・デメリットを交えながらお伝えしたいと思います。

子どもの幼稚園を2年保育にするか、3年保育にするか悩む方、多いのではないでしょうか。

私もすごく迷いに迷いました。

そんな悩みを解決するのが、2年保育と3年保育の違いや選ぶ基準を知ることです。

2年保育と3年保育の違いや、選ぶ基準を知ることで、我が子に合った保育の選択をすることができますよ。

2年保育って何?

2年保育は年中さんである4歳児から、幼稚園へ入園します。

保育期間は2年となります。

住いのある市の公立幼稚園は2年保育が主流なので、長女2年保育を受けましたし、次女もただいま公立幼稚園の年長さんです。

今のところ、来年から三女も同じ幼稚園に通う予定にしています。

2年保育は年中さんで園に慣れるところから始まります。

そして、生活習慣の自立や社会性、遊びの中でルールやトラブル解決を学んだり、2年間の保育で集団生活や生活習慣の自立、社会性などを身に付けることができます。

(1)通うメリットは?

・親子の時間を十分とってから通わせることができた

・子どもも抵抗なく通い始めた

・保育料が3年保育に比べて1年分浮いた

・早生まれの子の場合は、2年保育での入園がちょうどよかった

(2)デメリットは?

・集団の経験が無い

・3年保育の幼稚園へ途中入園する際、母子ともに出来上がっているお友達やママ友の輪に入りにくかった

・3年保育との教育や成長の面で差がつくのではないかと不安だった

・入園までの1年をもてあました

3年保育って何?

3年保育は年少さんである3歳児から、幼稚園へ入園します。

保育期間は3年となります。

住いのある市では3年保育は「こども園」や私立の幼稚園が3年保育を行っています。

こども園では年少さんは12時半までの保育なのに対して、3年保育の私立幼稚園は、朝から夕方まで見てもらえるうえに、バスの送迎もあるので送り迎えが楽です。

3年保育は年少さんで「生活習慣の自立」を目的としているので、年中さんになった時は幼稚園の活動によっては、マーチングや体操などチャレンジすることが一気にふえます。

3年間のうち、早い段階で集団生活を学ぶことが出来ることから、活動の幅が広がることで成長を大きく感じることができます。

(1)通うメリットは?

・集団生活の経験を早い段階からしっかりできる

・お友達からの刺激がたくさんあるので、出来るようになることが多い

・お母さん自身の時間も増える

(2)デメリットは?

・私立は制服代や月々の月謝が高く、経済的負担が大きかった

・子どもはまだ通いたくなかったようでイヤイヤ通っていた

・意思の疎通がまだ難しいので、伝わりにくい

・子ども同士のトラブルも多い

2年保育と3年保育、選ぶ基準は何?

(1)お子さんの気持ちを聞いてみる

子どもはもっとお母さんと一緒にいたいというかもしれません。

もちろん、時には厳しくしなければならない場合もありますが、親子でがっつり過ごす時間は子どもが大きくなるにつれて減っていきます。

お子さんの気持ちも込みで、どちらにするか考えましょうね。

(2)経済的な負担を考える

私立の幼稚園はお金がかかります。

公立幼稚園で今次女は二人目の子供で半額ということもあり、月々4500円です。

あとは諸経費だったり週に2回の給食費が必要となり、トータルで月々1万円ほどです。

でも、同じ市内の私立幼稚園は、月々30000円にバス代5000円、諸経費・給食費で月々50000円ほどかかります。

それプラス、入園時に制服代が50000円かかります。

我が家も長女の時、3年保育にするか2年保育にするかでかなり迷いましたが、次女が入園する時に長女と1年重なる時期があり、そうなると経済的に大きな負担となることが予想されたため、断念しました。

(3)親子関係・家庭環境

・お母さんと一緒でなければ情緒が不安定
・下の子が生まれてなかなか上の子を構ってやれない
・家の中での遊びだけでは、物足りなさを感じる
・事情があって家庭での保育が難しい

家庭によって様々ですが、親子関係や家庭環境を客観的にみて考えるのも必要です。

(4)子どもの成長・発達

・お母さんと離れて過ごすことができる
・色んな事をやってみたいという気持ちが強い
・自分のことは自分でしようとする。
・家族以外の人に対して、自分のことを伝えようとする姿勢がみられる

自分で色んな事をやってみたいという気持ちがでてきたら、年少さんからでも楽しく新生活をスタートさせやすいですね。

(5)周りに遊べるお友達がいる

・周りのお友達が3年保育を選択した
・お友達と遊びたい
・近所に遊べる同年代のお友達がいない

私が長女の2年保育と3年保育で迷った理由が、まさにこれでした。

校区の端っこにある我が家の周りには、同年代のお友達がほとんどいないので、お友達探しにすごく苦労しました。

校区は違うけれど、子育て支援センターへ行けば同年代のお友達がいましたが、大半が3年保育を選択したその4月から、同年代の子がぱったりいなくなってしまい、娘も寂しそうでした司、私自身もこれで本当に良かったのかなとちょっと後ろ向きになってしまいましたね。

3歳になるとお友達と遊ぶことを求めるようになるので、2年保育にするか3年保育にするかの大きな決め手に一つになるのではないでしょうか。

(6)近所の幼稚園事情を考慮する

・2年保育と3年保育両方に対応してくれる幼稚園があるか
・施設や設備、保育時間は適当か
・抽選があって外れた場合、別で通うところがあるか

近所の幼稚園はどんなところがあるのか、事前のリサーチはとっても重要です。

(7)お家の人の思い

夫婦で子どもにどうしてあげたいか、何を一番優先に考えるかをよく話し合いましょう。

お母さんだけの思いでは何度もぶれます。

我が家もそうでした。主人に相談して、客観的な意見をもらって、何度も検討しながら公立の2年保育になりました。

まとめ

2年保育と3年保育はそれぞれにメリットがあります。

それぞれをよく見比べて、自分の子にはどっちが合っているのかを決めるようにしましょうね。

長女は物おじしない性格でしたし、色んな事をやってみたいという気持ちが強いので、問題なく3年保育でも行けるかなと思っていました。

結局経済的な面から2年保育を選択しましたが、いざ幼稚園へ通ってみると緊張から始めの1か月は蕁麻疹が出て大変でした。

自分が思っていたよりも、繊細だったんだなと感じましたね。

だから2年保育と3年保育、どちらにするか選ぶ基準は、一つの面からだけで決めるのではなく、トータル的に色んな角度から見て決めるようにしましょうね。

どちらを選択しても、かけがえのない時間ですし、決めたからにはこれでよかったと思うようにしなければ後悔ばかりが先に立ち、お子さんもお母さんも楽しく過ごすことができませんよ!

沢山悩んで、お子さんが楽しく過ごせる選択をしてみてくださいね!