子育て

想像以上に大変!家事・育児と両立しながら仕事をするコツは?

この記事では、家事・育児と両立しながら仕事をするコツについてお話をします。

産休を終えたり、お子さんが小学校へ入学したことを機に職場復帰を考えているお母さん、家事や育児、仕事を両立できるんだろうかと不安に思っておられませんか?

そんな不安は、家事・育児と仕事を両立させるポイントを押さえておきましょう。

どこで手を抜いたらいいのか、どんなところに力を入れたらいいのか、その力加減を分かっておけば、無理なく家事や育児をしながら仕事をすることが出来ますよ!

適度に手を抜くことで、お母さんも気持ちに余裕が持てますし、それが家族全体の笑顔につながるので、ぜひ参考になさってみてくださいね!

それでは1つずつみていきましょう。

家事・育児と仕事を両立させるポイントは?

仕事と家事や育児を両立させようと思うと、どうしても気負いがちになってしまいます。

でも一番肝心なことは「頑張り過ぎない」ということです。

完璧に何でもこなさなければ気が済まない人もいるかもしれませんが、それでは疲れてしまいますし、出来ないことに対して自分を責めたりすると心の病気にもなりかねません。

家族みんなが笑って生活するためにも、全てを完璧にしようと思わず、まずはちょっと手を抜いても問題ない、“家事の手抜き”から始めてみましょう!

仕事をしながら“家事の手抜き”上手く行うコツは?

(1)家族と話し合う

働きながら育児や家事を両立させることはすごく大変なことです。

ご主人とよく話し合って家事を分担したり、困った時には近くにすむ実家や義実家を頼るようにしましょう。

(2)家事の労力を減らす

食洗器や自動掃除機、乾燥機付き洗濯機などを活用することで、家事を楽ちんにしてくれます。

フルタイムで働いているママ友さんは、朝自動掃除機のルンバをセットしておいて、食洗器と乾燥機付き洗濯機を回しておくと家事のほとんどは終わっているので楽ちんと言っています。

使いこなせば味方になってくれること間違いなしなので、初期投資で購入してみるのもいいですね。

(3)掃除はまとめて休日に

毎日掃除をしなければと思ってしまうと、気持ちも追い詰められてしまいますが、「埃がちょっと溜まってたって死なない」と割り切っちゃいましょう。

掃除をしなければ気が済まないのであれば、クイックルワイパーで床をサッと掃除したりする程度でも十分綺麗になります。

とにかく、お母さんの気持ちがスッキリする方法でストレスなく行うのが一番です。

(4)買い物はらくちんな方法で

買い物をする時間が取れないという場合には、ネットで食材を購入すると自宅まで届けてくれてとても便利です。

また、週末など休みの日にまとめ買いしておくと、仕事終わりに買い物に行かなければと、時間に追われることもありませんよ。

私は一人目が生まれてからコープの個配を利用していますが、専業主婦の今でも重いものは自宅まで届けてもらえて便利なので、普段の買い物と併用しています。

日用品の品ぞろえもいいので助かっています。

(5)休日に食事の下処理をしておくと便利

私は子育てしながら仕事をしていた時、休みの日に何日か分の夕食の下処理をしてから冷凍・冷蔵保存をしていました。

例えばとんかつやエビフライ、アジフライやコロッケを揚げるだけの衣付けの状態にして冷凍したり、ハンバーグは成形しておいたり、肉に関しては下味をつけてカットしてから冷凍をしておくと時短につながります。

(6)朝食で夕食の準備もしてしまう

朝食を作る際に夕食に使いたい野菜を用途に合わせてカットして冷蔵したり、カレーは朝作ってしまったり、夕食の和え物に使いたい葉物野菜をサッと茹でて味付けするだけにしておいたり、出来るだけ仕事から帰って楽に食事を作ることが出来るように、朝ごはんでまな板や包丁など調理器具を使う際についでに切ったり茹でてしまうと、すごく夕食作が楽ちんでした。

夕食を一からすべて作らなければならない状態よりも、ある程度出来ている状態の方が楽さ加減は全然違いますよ!

(7)家事代行サービス

最近テレビ番組でも取り上げられることが多くなったのが「家事代行サービス」です。

それくらい需要があるんでしょうね。

働くお母さんに代わって、掃除や料理をしてもらえるサービスです。

値段は会社によって違いますが、大体1時間2000円~3000円で設定されているところが多いようですね。

家のことをしたいけれどどうしても忙しくて出来ない、しんどいという時には利用してみてはいかがでしょうか。

仕事をしながら子どもと上手く関わるコツは?

限られた時間で子どもと濃厚なスキンシップをとる

働き出すとどうしてもお子さんとの時間が少ないのではないかと、自分を責めがちになったりしませんか?

でもそんなことはありません。

私は育児休暇中の子どもとつきっきりの生活に対して、自分の時間がなくイライラしがちでしたが、働いて子どもと離れている時間があるからこそ、家で子どもと一緒に過ごす際にはこの時間はしっかりスキンシップを取ろうという気持ちになりましたよ。

特にお風呂に入る時や寝る前には、話をしたり絵本を読んだり、全力で一緒に遊んだり、とにかく子どもと一緒に楽しむように心がけていました。

子どももすごく嬉しそうでしたし、家で子どもと一緒にいるよりもすごく濃厚な時間を過ごすことが出来ていたなと今思います。

お子さんもちゃんとわかってくれていますよ!

だから、お子さんと過ごす時間が少ないんじゃないかと思うよりも、お子さんと過ごす時間の“質”がとっても重要になります。

子どもにも手伝ってもらう

働くにあたって、家族に協力をお願いすることが大事になりますが、お子さんにもお手伝いをお願いしちゃいましょう。

台拭きや箸を並べたり、クイックルワイパーをかけてもらったり、どんなことでも構いません。

お子さんだってお手伝いをしたいと思っている気持ちがあるでしょうし、お母さんの力になっているという気持ちは達成感や自信につながります。

後々、大きくなる頃には強力な助っ人になってくれること間違いなしですよ!

困った時は地域の支援を活用

各自治体にはファミリーサポートがあります。

会員登録をしておくと「この日は習い事や保育園への送迎が出来ない」とあらかじめ分かっている時など、事前に申請しておけば有料でサポートしてもらえるのでとても便利です。

ぜひ自治体に問い合わせてみてくださいね。

家事や育児をしながら、仕事を上手にこなすコツは?

自分に合った働き方を選択する

フルタイム、パートタイム、時短、子育てしながらの働き方は色んな選択が出来ます。

私はパートタイムで産後復帰して働きましたが、二日から三日行って休みという生活でした。

通勤時間が往復で2時間かかっていましたし、フルタイムでは心も体も余裕がなかったですね。

上司に相談できるようであれば、無理せずお子さんが小さいうちは時短を利用するとか、パートタイムで働くというのも一つの方法です。

会社でも甘えるところは甘えて、自分が出来ることは積極的にする

子どもが病気になった時などは、早退したり遅刻したり、場合によっては会社を休まなければならないことも多くあります。

子どもがいるんだから仕方がないし当たり前と思わず、代わってもらったらお礼を言ったり自分に出来ることは積極的にするようにしましょうね。

会社で働きやすい環境を自分で作っておくと、ストレスも減りますし働くことでストレス解消につながることにもなりますよ!

自分の時間を上手に持とう!


家事や育児、仕事を忙しい毎日を送っていると、確かに充実していますが、ちょっと疲れてしまいます。

ちょっと疲れた時には、自分の時間を上手にもってみましょう。

早起きしてコーヒーを一人で飲む時間を楽しむ

夜は子どもと一緒に寝てしまうという人は、毎日ちょっと早めに目覚まし時計をセットして、早く起きて家事の前に自分の時間を楽しんではいかがでしょうか。

コーヒーを飲みながらスマホをチェックしたり、本を読んだり、趣味をしてみるのもいいですね。

私の周りにも、朝早起きして自分の時間を楽しむお母さんが多いですよ!

子どもが寝た後に、趣味を楽しんだりドラマや映画を見る

朝はギリギリまで寝ていたい場合は、お子さんを寝かしつけた後の時間を楽しむといいですね。

録りためていたドラマを見たり、DVDを借りてきて見たり、趣味を楽しめると気持ちがリセット出来るのでおすすめです。

自分だけのご褒美を楽しむ

私は子どもたちが寝た後、ワインを飲みながらチーズをかじるのが好きです。

また、時にはお取り寄せのチョコを食べたり、ケーキを主人に買って帰ってきてもらったりして自分だけの至福の時を楽しみます。

普段は子ども中心の生活ですが、自分の時間が持てると気持ちが切り替わります。

さいごに


働きながら家事や育児もこなそうと思うと、大変な労力が必要となります。

周りの人に頼って出来るだけ無理をしないようにしなければ、心も折れてしまいますし、無理をし過ぎると体の調子も崩れてしまいます。

何よりも家族の生活はお母さんが中心に回っているので、お母さんの心や体が不調になってしまうと家族みんなが不安になってしまいますよ。

だから出来るだけ家事は手を抜いて、気楽にやりましょう。

そしてお子さんとの過ごし方は、時間のある時はめいっぱい時間を共有して沢山話をしてスキンシップをとりましょうね。

時間の量よりも、子どもとの関わり方である質の方が重要です。働いていてもお子さんに沢山の愛情を伝えることは出来ますよ!

また、家事や育児と並行しての仕事は1人でこなそうと思っても難しいです。

ご主人や頼れる家族がいる場合は、無理せずどんどん頼ってくださいね。

無理せず家事を手抜きしながら、充実した生活を送りましょう!