お出かけスポット

シロクマの泳ぐ姿は圧巻!円山動物園のホッキョクグマ館に行ってきました

札幌の動物園といえば円山動物園ですよね!

その中でもイチオシなのが平成30年3月13日にオープンしたホッキョクグマ館です!

今回はホッキョクグマ館に行ってきたのでレポートします。

・オープンから数ヶ月経った混雑状況は?
・どんな様子を見れるの?
・ホッキョクグマ館の見どころは?

などなど、円山動物園のホッキョクグマ館について書いていきますね。

円山動物園のホッキョクグマ館!いつオープンしたの?


国内最長の約18メートルの水中トンネルを設置したホッキョクグマ館。

平成30年3月13日にオープンしました。

国内最大規模のホッキョクグマの飼育施設だそうです。室内の延べ面積は2,300㎡!

何よりも広さに驚きでした。


(写真の撮り方が下手くそで広さが伝わらない…ごめんなさい)
この写真の右奥にプールがあります。

飼育施設の中にプールがあって岩もあって木も生えている。

その中をシロクマが行ったり来たり、たまに糞をだしたり、自然に近い場所でのびのびと生活しているように見えました。

なんだか子どもの頃に憧れていたような風景で大人の私でも感激でした。

シロクマのどんな姿が見れるの?シロクマって泳げるの?


ホッキョクグマ館の観覧エリアは1〜3階(屋上)の造りになっています。

1階は水中トンネル、2階はシロクマと同じ目線の地上エリア、屋上は飼育エリアを一望できるようになっています。

それぞれ違ったホッキョクグマの姿を見ることができます。

エレベーターがありますのでベビーカーや車椅子でも安心して観覧できますよ。

ホッキョクグマがプールに入った!

屋上から広いね〜と見ていたその時!

「シロクマさん、プールに入った!」との声。

急いで水中トンネルに向かいました。

シロクマさんがプールに!

下から見ることってあんまりないですよね。

肉球ってこんな感じなんだ〜とかいちいち感動しました。

ス〜イスイ!

ホッキョクグマって泳ぐのが上手!

カメラで追いかけるだけでも必死です。笑

ついに目の前まで泳いできてくれた!

しかし!!

あまりの速さにカメラにおさめることができません。笑

顔が見切れる〜!

おお!すごいいい写真がとれたかも…って…顔がちょうど写っていない!笑

小刻みに動くのでなかなかシャッターチャンスがつかめません。

って!おおお!

シロクマさんと目が合いました!

カメラばかりに集中してカメラ越しにしか見なかったことに後悔…

こちらの様子をうかがっているようですね。

ちょっと休んだかと思ったらすぐに泳いで行きました!

(目から何か光線がでてるみたいだね)

サービス精神多めなのかプールの端から端まで何度も行き来してくれましたよ。

最後は疲れたのかトンネルの上に座っていました。笑

普通の動物園では見ることができないホッキョクグマの一面を見れて大満足でした。

sumomo
sumomo
近くで見るクマさんはかわいいな〜

オープンから数ヶ月、今の混雑状況は?何時頃が空いてる?

ホッキョクグマ館がオープンしてから2ヶ月半。

6月の土曜日、11時ごろに動物園に訪れましたが西門の前の第一駐車場はすでにいっぱいです。

入り口には10台ほど並んでいたのでお昼近くに車で来園するとかなり待つと思います。

普通の土曜日でこれだけ待っていたので祝日になると入るだけでも1時間とかざらにあると思います。

円山動物園に行くときは公共交通機関を使った方がストレスが少ないですね。

ホッキョクグマ館で空いている時間帯は?

私がホッキョクグマ館を訪れたのは12時すぎでした。

動物園には保育園の団体も数団体いらっしゃいましたが、お昼時でみなさんお食事中だったのか、ホッキョクグマ館は空いていました。

ホッキョクグマ館の中にあるベンチスペースに座っている方もいらっしゃいませんでしたし、外からはゆっくりと写真を撮ることができました。

ただし、シロクマがプールに入って泳ぎだすとみなさん一斉にプールのトンネル付近に集まっていましたよ。

それでも警備員さんがいらっしゃり、トンネルの真ん中は通路として開けるように促されていたので、「人が多くて全く見えない!」ということはありませんでした。

また、ホッキョクグマ館は円山動物園の一番奥にあるので、朝イチであえて奥のホッキョクグマ館から周ると比較的、空いていると思います。

オススメは
・朝イチでホッキョクグマ館から周るコース
・お昼時を狙おう!

晴れたら注意!ホッキョクグマ館のトンネル内は暑いです…

ホッキョクグマ館といえば水中トンネルですよね!

トンネルのあるプールは日光が直接入るような造りになっています。

天気が良ければトンネルからの見晴らしも良いのですが、日光が入る分、トンネル内は暑かったです。

トンネルの中は人が集まりますし、余計温度が上がっていました。

天気が良い夏場は少し肌寒くてもカーディガンなど体温調整ができる服装が良いと思います。

円山動物園へのアクセスは交通機関を使うのがベストです

円山動物園には隣接の第一駐車場もありますが、土曜日の11時頃には車が駐車場に入りきれず、10台ほど並んでいました。

土日祝は駐車するだけでも時間がかかりそうです。

円山動物園に行くときは公共交通機関を利用した方が早いと思います。

地下鉄で訪れるなら円山公園駅が最寄りです。

地下鉄東西線:円山公園駅から徒歩15分

札幌駅から動物園に向かうなら地下鉄南北線に乗り、大通駅で東西線に乗り換え、円山公園駅で降りると良いでしょう。

地下鉄円山公園駅から歩くのがキツい場合は路線バスもあります。

円山公園駅に着いたら地上にでて円山バスターミナル4番から「くらまる号」または路線バス 動物園線[円15]に乗りましょう。

5分ほどで動物園につきますよ。

円山公園駅から動物園までは登り坂になっているので、行きはバスで帰りは徒歩がオススメです。

円山動物園の詳細情報


開園時間
夏期(3月1日〜10月31日)→ 9:30〜16:30
冬期(11月1日〜2月末日)→ 9:30〜16:00

入園料
大人 600円
小人(中学生以下)無料
年間パスポート 1000円