北海道の子育て

札幌の保育園は入れない?2019年4月入園を叶えるための保活方法を徹底解説

近年話題になっている「保育園は入れない」問題。

北海道札幌市も例外ではなく、希望の保育園に入れなかったという方もたくさんいらっしゃいます。

保育園が決まるまではソワソワ不安な日々が続きますよね。

働けるかどうかも保育園次第ですからね。

私も2018年4月入園のために保活をやった一人なので、不安な気持ちがよくわかります。

そんな不安を少しでも払拭できるよう、私がやった保活について書いていきます。

一人でも多くの方に保育園に入って欲しいので、「もっと早く知りたかった!」っていう情報も書いています。

是非最後まで読んでくださいね。

入園可否は点数次第!自分の点数を確認する


保育園に入園できる人数よりもたくさんの応募があった場合、利用調整が入ります。

各家庭に点数がつけられ、点数が高い人が優先で入園できるのです。

そのため、自分が「どのくらいの点数になるか」が保活にとって最も重要になります。

詳しくは札幌市が出している「保育所入所選考基準表」をご確認ください。

ちなみに最低でも欲しい点数は200点くらいでしょうか。

例えば、お父さんが会社勤めで【月20日以上&月150h以上】の勤務をしていると100点です。

両親ともにこの勤務時間を満たせば100点×2人(両親)=200点になります。

私もこの200点でしたが、自由に保育園を選べるような点数ではありません。

20園ほど保育園を探し回って、第5希望の保育園にギリギリ入ることができました。

特に0歳児・1歳児のママは産休・育休明けの方が多いです。

産休・育休明けの方は40点の加点があるため、合計で240点持っている家庭がゴロゴロいます。

区の保育園担当の方にうかがったところ、「1歳児で200点は正直厳しい点数です。育休明けの240点を持っていても落ちる方もいらっしゃいます。」とのことです。

私の経験から言うと200点周辺の方は穴場の保育園を選ぶしかなく、240点でもしっかり情報収集しないと落ちてしまうので油断できません。

まずは点数を計算して自分がどれくらいの順位になるのか、しっかり知っておきましょう。

もちろん区や年齢でも入りやすさは変わってきますが、保活の心構えができると思います。

200点以下の方はこちらの記事も参考になるかと思います。

あわせて読みたい
札幌で待機児童にならない!育休ポイントなしの私が認可保育園に入れたわけ札幌で保活を頑張っているママ・パパも多いのではないでしょうか。 働けるかどうかも保育園にかかっているので、保育園が決まるまでドキド...

保育園のリストをつくる


自分の点数を把握できたら、保育園のリストを作りましょう。

・保育園名
・電話番号
・募集人数
・保育園の形態(大規模保育園、小規模保育園、家庭的保育、認定こども園)
・家からの距離
・登園手段

などを簡単にリストアップすると頭が整理され、スムーズに保活を進めることができました。

希望の園を出すときもわかりやすくて良いですよ。

ちなみに私は15園ほどリストアップしておきました。

妥協できないことを紙に書き出す


次に保育園を選ぶにあたって妥協できないことを紙に書いてください。

例えば

・徒歩もしくは車で10分以内で通える
・知育や体操教室がある
・行事が充実している
・駐車場がある
・親が参加する(手伝う)イベントが少ない
・園庭が充実している

このような感じで妥協できないところを紙に書き出します。

一通り、書き出したら優先順位をつけていきましょう。

「ええ、めんどくさい」と思いましたか?笑

私も最初はめんどくさくて紙に書くことはしませんでした。

でも、いろんな保育園を調べていくと、それぞれの保育園で良いところ・悪いところが見えてきて、「あれ?どんな保育園に入れたかったんだっけ?」と分からなくなりました。

そこで一旦「妥協できないところ」を紙に書き出し、整理して考えたのでした。

優先順位をつけることであまり迷わずに保育園を選ぶことができましたよ。

全ての保育園を見学するわけにもいかないので、保育園をしぼるためにも、是非紙に書きだしてみてくださいね。

時間があれば必ず保育園見学を


札幌では必ず、希望する保育園の見学をするように言われます。

もちろん転勤などで見学が難しい場合は見学なしでも応募することができます。

しかし、見学できる人は必ず見学しておきましょう。

なぜなら、保育園によって教育方針などが異なるからです。

例えば、「テレビやスマホは教育に良くないので家では全く見せないようにしてください」と言ってくる保育園もあります。

料理中に少しでもテレビを見せていると先生に注意されたなんてママもいました。

これは極端な例ですが。汗

また、私も8園ほど見学したのですが、保育園によって子どもの様子も様々です。

園児が丁寧に挨拶してくれる保育園もあれば、子どもらしく活発に走り回っているような保育園もあります。

こればかりは合う合わないが人によって変わってくると思います。

保育園の好みは人それぞれなので必ず見学してくださいね。

あと、保育園の先生と話すことで「新しい先生を採用出来れば、募集人数を増やすかもしれない」など保育園でしか聞けない情報もゲットできるかもしれません。

保育園の担当課は保活情報の宝庫


各区の保育園担当課の方には必ず相談した方が良いです。

保育園担当課としても待機児童は増やしたくないはずなので、できる限り入りやすい保育園を紹介してくれます。

また、私が保活をしていた時は、希望する保育園の応募状況も教えていただきました。

例えば、A保育園の状況を知りたいと担当の方に相談すると、「A保育園は5人募集に対して現時点で40人希望を出しています。今希望すると18番目の点数ですね。少し難しいかもしれません。」などアドバイスをもらうことができます。

私は順番まで教えてくれることを応募するまで知りませんでした。

ママ友から「順位聞いてないの?」と言われて初めて知り、申し込みギリギリに電話で順番を確認し、希望する園を変更してもらったのでした。

もっと早く知っていればギリギリでドタバタせずにすみましたね。汗

さいごに

出産してやっと落ち着いてきたと思ったら、すぐに保活がはじまり、本当にママは大変ですよね。

保育園に入れるまで不安ですが、できる限りのことをして後悔しないようにしたいですね。

また、もしダメだった場合の認可外保育園も探しておくと精神的に安心できるかもしれません。

あわせて読みたい
認可外保育園はデメリットばかりではない!認可外だから良かった3つのメリット認可外保育園って? 国から認可をうけていない保育園のことを認可外保育園と言います。 今や社会問題ともなっている待機児童。 ...

みなさんが保育園に入園できるよう祈っています。

あわせて読みたい
0歳で保育園はかわいそう?生後9ヶ月で延長保育まで預けた私のリアルな声働く女性も増えてきて0歳から保育園に預ける方も増えてきたのではないでしょうか。 0歳から預けようと考えているママにとって、「本当に...