妊婦・出産

産後に貰って嬉しい「食べ物」の差し入れはこれ!気の利いたものを贈ろう!

この記事では、産後の差し入れはどんな食べ物がいいかについてお伝えします。

産後のお見舞いに食べ物の差し入れをしたいけれど、どんなものを持参すればいいか迷うなんて方、多いのではないでしょうか。

せっかくなら喜んでもらえるものが良いけれど、どんなものがいいか分からない、そんなお悩みを解決するのが、産後貰って嬉しい食べ物の差し入れ、困った差し入れを知ることです。

産後にどんな差し入れを貰ったら嬉しいか知ることで、自信を持って差し入れすることができますし、相手の方にもより喜んでもらえますよ!

産後の食生活はこんな状態

(1)入院中は?

病院では3食栄養バランスの整った多めの食事におやつも出ます。

初産は普通分娩で7日、経産婦で5日、帝王切開で10日の入院期間なので、食べ物を入院中に差し入れようと思うのであれば、長い滞在ではないことも考慮した食べ物にしましょう。

入院中に食べきれるものがありがたいですね!

(2)自宅・里帰り先の実家は?

自宅や里帰り先は入院中のように管理された食生活ではないので、差し入れをしても自分のさじ加減で食べる量を調節できます。

だから入院中に比べると、食べ物の差し入れもしやすいですよ!

日持ちのするものだと、お腹が空いた時にちょっとつまめるのでありがたかったです。

貰って嬉しい食べ物の差し入れはどんなもの?


私は入院中や自宅で、ちょっと小腹が空いた時に軽く開けて食べられるものが嬉しかったです。

(1)こんにゃくゼリー

日持ちがすること、腹持ちが良いことから私はすごく嬉しかったです。

特にローカロリーのこんにゃくゼリーは夜中に小腹が空いて食べる時にも、カロリーを気にしなくてよかったのでありがたかったです。

(2)1人前のカットフルーツ

日持ちはしませんが、カットしてあるのでそのまま口に運ぶことが出来てすごく美味しかったです。

ただ、量が多いと食べきれないので困っちゃいます。

(3)ヨーグルト

産後でも便秘になりやすいので、ヨーグルトを毎朝一つ食べるようにしていました。

お腹が空いた時にも自宅で食べられるので重宝しましたね。

(4)和菓子

とにかく小豆が大好きな私は、母乳の出が良くなるという話も聞いて、小豆の和菓子を良く食べました。

和菓子に比べるとローカロリーですし、腹持ちもいいので美味しくいただきました。

(5)小分けになったクッキーやビスケット

小分けになったクッキーだと日持ちがしますし、ちょっと小腹が空いた時に開けやすいので嬉しいです。

(6)ドライフルーツ

友人に「産後のお見舞いに行くけど食べたい物ある?」と聞くと、ドライフルーツと言われました。

ドライフルーツが好きな友人なのですが、ヨーグルトに入れて食べたり、小腹が空いたらそのまま食べたりするのにいいと言っていましたよ!

ちょっと困った食べ物の差し入れはこれ


食べ物が母乳の出にダイレクトに関わってくる方、すごく多いのではないでしょうか。

私は全く関係なく、母乳が詰まったりということもありませんでしたが、乳腺炎になりやすい人は、食べ物によってはすぐに詰まってしまいますよね。

また質の良い母乳を与えるには、出来るだけ糖質や脂質を摂り過ぎないようにするのが望ましいので、あまり糖分や脂肪分が多いものは控えたいと思っているお母さんが多いです。

(1)洋菓子

クリームたっぷりの洋菓子は、お祝い感もありますしなかなか食べる機会もないので喜ばれそうですが、乳腺が詰まりやすい人は控えている場合が多いです。

(2)大福

一見和菓子なら小豆で母乳の出が良くなりそうじゃないの?と思われがちですが、餅は乳腺を詰まらせやすいので注意です。

(3)おこわ

私も退院してからその日に叔母がお祝いにと「おこわ」を持ってきてくれました。

私は全く問題なかったですが、乳腺炎になったことのある兄嫁が「大丈夫?詰まるよ、これ」とこっそり声をかけてくれたのが印象的でした。

(4)卵たっぷりのスイーツ

卵アレルギーのある赤ちゃんは、お母さんが卵を沢山食べ過ぎると顔に湿疹が出てしまったりすることがあります。

話は少しそれますが、私も里帰り中に父がもつ鍋が好きなので、もつ鍋を食べた際、長女の顔が湿疹だらけになりました。

その時は原因が分からなかったのですが、後日またもつ鍋を食べて同じ症状になったので、原因はもつ鍋だと分かりました。

母乳から赤ちゃんへ移行するものは気を付けなければならないなと思いましたね。

(5)カフェイン入りのスイーツ

コーヒーゼリーや抹茶プリンは食べやすいかなと思いますが、カフェインを気にしているお母さんも多いです。

だからあまりカフェイン入りのスイーツは選択しない方が無難ですね。

「ちょっと困った食べ物の差し入れ」は、母乳を与えているお母さんからすると確かにちょっと困ってしまいますが、上にお子さんがいたりご主人、実家の家族がいたりすると食べてもらえます。

だから、私は貰っても嬉しかったですよ!

入院中に甘いジュースをパックで頂いた時も、上の子たちが赤ちゃんを見に来た時に持たせましたし、実家でも差し入れを頂いたら家族に勧めて自分が食べられそうなものを食べるようにしました。

頂いた気持ちが嬉しいので、渡す時に「上の子さんやご家族の皆さんもご一緒にどうぞ!」というと喜ばれますよ!

さいごに


まだ子どもを産んでいない独身時代に、友人が赤ちゃんを産んだと言うのでお見舞いに病院へ行くことにしました。

豪華スイーツを!と思って生クリームたっぷりのケーキを持っていくと、喜んでくれましたが、今思えば食べるのが大変だったろうなと思ってしまいます。

これもまた、自分がその立場になってみないと分からないことなんですよね。

思い切って、相手に「差し入れに何か食べたい物ない?」って聞いてみるのもいいですよ!

でも、もらう側からすると顔を見に来てくれることが嬉しいですし、差し入れをしてくれる気持ちが嬉しいです!

素敵な差し入れがみつかるといいですね!