切迫早産

検診で“子宮頚管が短い”宣告!どうして?対策はどうすればいいの?

この記事では、子宮頚管が短いと言われてしまった時の対策についてお話したいと思います。

問題なく過ごしてきたはずの妊娠期間中、「子宮頚管が短いので早産の危険がある」なんて言われたらパニックになっちゃいますよね。

子宮頸管が短いと言われても、パニックにならないためには、あらかじめ子宮頚管の長さや早産との関係、対策について知っておくことがポイントです。

そうすれば、慌てずに自分の身体と向き合い、自分がどうすればいいのか落ち着いて考えることができますよ。

子宮頚管の長さと早産の関係は?


子宮頸管の長さは、赤ちゃんがお腹の中で過ごしている子宮の「内子宮口から外子宮口までの長さ」のことを言います。

要は、子宮から膣へ続く管です。

臨月には出産に備えて短くなっていくのですが、子宮頚管が短くなっていくと子宮口が次第に開き、出産につながっていくというのが正常です。

ただ、臨月に子宮頚管がどんどん短くなるのはいいのですが、正期産の37週前に短くなってしまうと、赤ちゃんが早く生まれる早産のリスクが高くなります。

早産で生まれてしまうと、赤ちゃんがお母さんのお腹から外に出ても問題なく生活することができる体がまだできていないため、障害をもって生まれてくる可能性もあります。

だから、37週までの検診で「子宮頚管が短い」と言われたら、早産の心配があるので注意しなければなりません。

私も、2人目を妊娠中に子宮頚管が短いと言われて、安静にしていましたが、どんどん短くなってしまい結局入院となりました。

問題ない長さは?

子宮頚管は40mmあれば問題ありません。

大体35mmから40mmあれば安心していいと産婦人科でも言われましたね。

臨月に入ってくると、どんどん短くなっていきます。

一人目の妊娠中は子宮頸管という言葉さえも知りませんでした。

それくらい順調に妊娠生活を送りました。

三人目も子宮口を縛る手術を妊娠初期の段階で受けていたため、頸管長は大体32mmをキープしていましたし、問題ありませんでした。

安静が必要な長さは?

30mmを切ってくると自宅で安静にするよう言われることが多いですね。

病院によっては、30mmを切ったら入院というところもあります。

お腹の張りは子宮収縮につながって、子宮頚管を柔らかく短くしてしまうため、張り止めを処方されることが多いです。

入院が必要な長さは?

私が里帰りするまで通っていた病院も、里帰り先の病院も、入院が必要となる子宮頚管の長さは2.5㎝でした。

里帰り前まで通っていた病院で2.8㎝と言われて、張り止めを処方され早めの里帰りを勧められつつ、自宅で療養するよう言われましたが、1週間後は2.6㎝となり、「入院レベルなので、今日中に里帰りしてください。そうでないと高速道路4時間移動は許可できないので、もう帰せないです。」と言われました。

その日のうちに慌てて里帰りしました。

結局里帰りした翌日病院受診して、頸管長2.3㎝で入院となりましたが、入院1週間で頸管長1.6㎝となり「子宮頚管無力症」の診断を受けそのまま37週まで入院となりました。

緊急で子宮頚管を縛る手術を受けましたが、子宮口は3㎝開き卵膜も赤ちゃんの頭も見えていたそうです。

子宮頸管が短くなると、子宮口も柔らかくなってきて開きやすくなるというのがよく分かりました。

どうして子宮頸管は短くなるの?


子宮頸管が短くなる自覚症状はありません。

ただ、お腹が頻繁に張るのは要注意ですね。

(1)お腹が頻繁に張る

私はお腹が張る感覚が一人目の時には全く分かりませんでした。

二人目で子宮頚管が短いと言われた際にNST(ノンストレステスト)のモニターをした際に、20分の間に張りが何度もあり、「今張ってるの分かるー?」と聞かれて、これかとようやく分かりました。

一人目が何ともなかったことから、二人目は妊娠中も上の子を抱えて走り回っていましたし、仕事も立ちっぱなしで無理もたくさんしていたので、張りやすかったのかもしれません。

お腹の張りは子宮収縮なので、子宮頚管や子宮口も柔らかくなってしまいます。

(2)子宮頸管無力症

お腹の張りもなく安静にしていても、子宮頚管が傷ついていたりすると子宮頚管が赤ちゃんの重みに耐えきれずどんどん短くなってしまいます。

あわせて読みたい
2人目妊娠で子宮頚管無力症にびっくり!原因は?3人目はどうする?順調な妊娠生活だなと思っていたのに、突然「子宮頸管無力症かも?」と言われたらびっくりしますよね。 「早産になったらどうしよう」「長...

(3)細菌感染

細菌に感染してしまうと子宮頚管が柔らかくなってしまって切迫早産のリスクが高くなります。

検診でもよく検査が行われますよね。

私も二人目と三人目の時はカンジダ膣炎に悩まされました。

治療してもすぐに再発してしまうので、塗薬はずっと愛用していました。

どうしたら子宮頸管が短くなるのを防げるの?対策は?

(1)安静が一番!

お腹が張る場合は横になって張りが治まるのを待ちましょう。

頻繁に張る場合は切迫早産の可能性もあるため病院を受診して張り止めを処方してもらうのも一つの方法です。

自宅安静を言い渡された際に、どこまで動いていいのか聞いたところ、「家事はしないでトイレとお風呂以外は横になってて」と言われました。

上の子がいましたし、すごく難しかったです。

入院での安静になってようやくしっかり休めました。

ただ、体は元気なので安静で入院生活は贅沢な悩みかもしれませんが、することがなさすぎて苦痛でした。

でもそれが治療なんですよね。

(2)トコちゃんベルト2

2人目の時、入院中に購入しました。

少しでも赤ちゃんがお腹にとどまってくれるようにと思っての購入でしたが、産前の腰痛ベルト替わりや安静が必要な切迫早産にも効果が期待できるとのことで産院でもおすすめされました。

点滴をつけていると装着しにくいので、張りの差し替えやシャワー上りにつけ直したりしていました。

確かに骨盤に安定感がある感じがして、気持ち的にも安心できました。

何より、骨盤を程よく支えて開かない姿勢がとれるのでおすすめです。

産後も骨盤ベルトとして使えたので良かったですよ。

(3)子宮頚管縫縮術

子宮頚管無力症の診断を受けた場合は、そのまま寝た切りでも頸管は短くなってしまうため、子宮口を縛って赤ちゃんが出てこないようにする手術を受けます。

三人目はあらかじめ予防のために手術を受けたので、頸管の長さも十分ある位置でしっかり縛って、妊娠期間を過ごすことが出来ましたよ。

まとめ

一人目では全く問題なかったのに、二人目で子宮頚管が短いと言われる方もたくさんいらっしゃるかと思います。

それくらい、妊娠中は“同じ”はないんですよね。

「子宮頚管が短い」と言われたら、ゆっくり自分の身体と向き合ってみて下さいね。

頑張りすぎていたかもしれない、もう少し休まなければなど、生活を見直してこれ以上短くならないように安静にする時間をとることができます。

お腹の赤ちゃんを守れるのはお母さんだけなので、いい機会だと思ってふと立ち止まってお腹に耳を傾けてみましょう。

そして不安になる気持ちも分かりますが、不安な気持ちもストレスとしてお腹の張りにつながってしまいます。

前向きに休息をとりながら、お医者さんの指示に従って過ごしてくださいね!

どうぞ無理だけはされませんように!