子どもの病気

新生児のうんちの色から病気がわかる?受診の目安は何色?

この記事では、新生児のうんちの色と受診の目安について紹介させていただきます。

新生児のうんちは大人のうんちと違って見慣れない色をしているから、これで大丈夫なのか不安というお母さん、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

新生児は喋れませんし、体調の変化はうんちの色で判断することができます。

うんちの色にどんな色があって、どれが健康でどれが受診した方が良いのか知ることで、普段の生活の中で赤ちゃんの体調の変化のサインを見逃さないようにできますよ!

新生児の「いいうんち」は何色?

(1)生後2日から3日までは黒・緑

生まれてすぐのおむつ替えをした時に、海苔の佃煮みたいな黒く濃い緑のうんちに皆さん驚かれませんでしたか?

これは「胎便」です。お母さんのお腹の中で口から入った羊水などが便として排出されるんです。

だから生後2日から3日で出きってしまい、うんちの色も変化します。

(2)黄色

母乳の赤ちゃんも、ミルクの赤ちゃんも黄色いうんちをします。

黄色が濃く黄土色なほど、栄養がたっぷりで健康的と、一人目の時に保健師さんに教わりました。

私は黄色いうんちを見た時にも、見慣れないのでちょっとびっくりしちゃいましたね。

そして赤ちゃんのうんちって酸っぱい臭いがしませんか?これは乳酸菌のせいなんです。

黄土色で酸っぱい臭いのうんちは、いいうんちの証拠ですね!

(3)緑色

緑のうんちも一見「これ大丈夫?」と心配になってしまいますが、正常です。

うちの子供たちはがっつり緑色のうんちはしなかったですが、黄色にちょっと緑が混じっていたりしましたね。

この緑、酸化した証拠なんです。

腸内のなかでうんちと空気が混ざって酸化したり、母乳を飲んでいる赤ちゃんのうんちは乳酸菌が多いので緑になりやすいです。

新生児の「受診した方がいいうんち」は何色?

(1)赤

これはまさに血便ですね。

「赤」は鮮血ということになります。

だからうんちの出口に近い、腸で何らかのトラブルが起きていると思われます。

細菌性の胃腸炎であったり、激しい痛みや嘔吐を伴う腸重積症なども疑われます。

イチゴジャムみたいなうんちはかなり重症なのですぐに病院へ行きましょうね!

うんちにちょっと赤い血がついている場合には、ミルクアレルギーであったり、便秘がひどくて排便の時に肛門付近が傷ついていることも考えられます。

(2)黒

生後すぐの黒い便は2日から3日で治まりますが、退院後に黒い排便があると病気の可能性も出てきます。

この場合の「黒」はちょっと時間のたった出血です。

胃などうんちの出口から遠い体の奥で出血し、血液が胃酸と反応して赤から黒に変化しているんですね。

胃腸炎や胃潰瘍などが考えられます。

お母さんが貧血改善の鉄剤を飲んでいたりして、それがうんちに影響しているだけで問題ない場合もありますが、心当たりがない場合は病院へ行ってみましょう。

(3)白

うんちの色は、肝臓から出る「胆汁」がうんちと混じって色づきます。

下痢がひどい場合には、胆汁が間に合わず便が白っぽくなります。

秋から冬にかけて流行るロタウイルスは、典型的な白い便が特徴の一つです。

我が家も子供も大人もかかりましたが、白い便は初めて見るとちょっとびっくりでした。

受診の際のポイント

(1)うんちのついたオムツを持参

このうんちは心配だといううんちが出たら、オムツをビニール袋に入れて小児科を受診するようにしましょう。

先生も診察をしてどんな病気かを断定するのに役に立ちます。

ただ、感染症が疑われるうんちの場合もあるので、しっかり密閉して受付けでうんちを渡すようにしてくださいね。

(2)他にも症状がないか

うんちの色で動揺して、そればかりに目がいってしまいますが、他にも食欲があるかどうか、発熱の有無、お腹の痛みの有無なども確認しておきましょうね。

また、いつからなのかというのも先生に伝える必要がありますので、紙に書き留めておくと慌てずに先生に伝えることができますよ。

(3)うんちの色チェックカードを使ってみよう!

受診するかどうか迷っているのであれば、母子手帳に「うんちの色チェックカード」がついていませんか?

それと照らし合わせて、このうんちは大丈夫かなと受診の判断の目安に使ってみてはいかがでしょうか。

チェックカードでは大丈夫そうだけど、それでもやっぱり心配という場合には、新生児ということもありますし、受診して先生に話を聞いてみるといいですよ。

まとめ


新生児のうんちは初めてみると本当に衝撃的です。

うんちの色によって赤ちゃんの身体の具合が分かるということを覚えておくと、オムツを換える時に気にかけておけば些細な変化にも気づきやすいですよね!

私は一人目の時に、ミルクを併用した時期がありましたが、その時には黄色いうんちに白い粒があってびっくりしました。

保健センターに電話で相談したら、白い粒はカルシウムだそうで、ミルクを飲む赤ちゃんのうんちによくみられるそうなんです。

赤ちゃんのうんち、ちょっとしたことでハラハラしちゃいますよね。

このうんちの色情報で少しでも、お母さんのお子さんのうんちに対しての不安が取り除けると幸いです!